注文住宅購入時のワンポイントチェック

注文住宅の購入は一生ものの買い物です。決して安い買い物ではありません。一般家庭の方はだいたいが20年から35年ローンを組んで購入するものです。購入時は慎重になった方が良いと思います。住宅購入では、建売住宅や注文住宅があります。建売住宅とは、メーカーが家を建築し、それを消費者が買い取るとなります。家の形や間取りはすでに決まった状態です。注文住宅でもいろいろあります。まずメーカーが用意した形態の間取りの家がいろいろあり、それを選んでから細かい話をして照明の位置やスイッチの位置他にキッチンシンクの形を好きなものにしたり、壁の色やフローリングの色や材質を選んだりと、かなりやる事が多量にあります。私は全部選ぶのではなく、大まかにはメーカーに選んでもらい、スイッチの位置や照明の数、コンセントの指し口の位置や数などを、決めました。ただ、失敗したこともあります。スイッチはホタルにすることです。別にホタルにしなくても・・・と思っていたら、夜になるとスイッチが見えない。ちょっと後悔してます。後で工夫すればなんとでもなりますが、最初から決めておけば後で面倒なことはないのです。それが注文住宅の良いところでもあります。